一風干しとは

干物や加工品には、同じ魚なのに鮮魚とは違う美味しさがあります。それは、職人の技と魚の対話の中から旨味を凝縮・熟成させているからです。
目前に広がる橘湾や有明海をはじめ、水産県・長崎が誇る豊かな漁場から、毎日水揚げされる新鮮な魚を小浜温泉の塩「塩の宝石」仕立てで提供しております。
小浜の光と風のなかで、それぞれの魚がもつ豊かな美味しさを職人のこだわりがさらに引き立てます。

一風干しが出来るまで

魚市場の様子です。
活気溢れる中、魚卸業をも営む当社のベテラン仲買人が、その日の新鮮な魚を目利きして仕入れています。
ご覧ください。
とっても新鮮なお魚です。
新鮮なお魚を傷めないように、慣れた手つきで職人が、下処理を進めていきます。
一つ一つ素早く、丁寧に。
お魚がとっても綺麗になりました。
一風干しは地元・小浜にこだわりたいという想い、また、魚の味をしっかりと引き出したいという想いから、幾つかの塩を試行錯誤いたしました。その結果、生産者でもある雲仙エコロ塩株式会社さんのご協力の元、『塩の宝石』と呼ばれる塩を採用しています。
塩の宝石を含んだ塩水に、一定時間浸していきます。これでまろやかな味わいになってくれるんです。
小浜の爽やかでのどかな風にゆっくり吹かれながら、お魚のうまみがじっくり引き出されていきます。
お魚のうまみが逃げないように、いつでもおいしく召し上がっていただけるように、すぐに真空パックを施します。
お洒落なデザインに身を包み、「一風干し」の完成です。こうして皆さんの食卓に、雲仙・小浜のそのままの味が届けられています。どうぞおいしく召し上がってください。